白バラのペンダントトップ2017年12月09日

白バラのとんぼ玉ですが、その後も試行を繰り返し、結局はとんぼ玉ではなく、ループ付きのペンダントトップにすることで落ち着きました。

とんぼ玉に埋め込むには、処理的にちょっと無理があるようです。


肝心の花の作り方ですが、最終的には点打ちとスキ打ちの繰り返しとなりました。


バラの花びらの重ね合わせを再現するのは難しく、どのくらいの大きさで白点を打つか、その位置と数をどうするか、さらにはスキの厚みとスキ掛けの位置をどうするかなど、模索して、今のところこんな感じとなっています。


バラとはやや違うかもしれませんが、清楚な花となりました。


でも作るのは大変です。


1個作るのに2時間コースです。1つ作り終えると疲労感、半端ありません。途中でおしっこしたくなってもいけないし、かなり我慢と忍耐の作品となります。

なぜこのタイプの花トップがあまり出品されないのか、よくわかる気がします。


もう少し作るかどうか、明日の体調と精神状態をみて決めたいと思います。

個人的には、一番右側の優しい花びらの花が好きかな。


なんにせよ、それなり形になってほっとしています。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

白バラの試行2017年12月06日

昨夜は雪舞ってました。いよいよ厳冬期の到来です。って今年はちょっと早くないかい?


バーナーの方は、クラゲのカサで開発した手法を応用してバラが作れないか模索してました。

いろいろ頑張っては見たのですが詰め切れません。


個人的にガラスでループを作って仕上げるのは、温度管理も面倒で難しく、完成品もとんぼ玉と比べれば扱いが慎重になるので、できれば避けたいと思ってます。


でもとんぼ玉に埋め込むには、バラを小さく作る必要があり、それはこの手法では難しいこともわかりました。


一応、とんぼ玉への埋め込みも試したのですが、バラパーツは大きいのに埋め込むとレンズ効果もなくなって、小さく汚いバラに見えてしまうのです。


結局、だんだん作り方が、単なる点打ちバラへと方向へと傾いていますが、もうちょっと頑張って芽が出なければあきらめるつもりです。


いくつかまだ、試してみたいことはあるにはあるんですが、あまり変わり映えしないバラ玉になる予感が....。

それでも完成できれば良いのですが。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

出品しました2017年12月02日

あっという間に12月。今年もあと1ヶ月です。本当に時間が経つのは早いです。


アミメクラゲの方は、あれからもう1日作ってみたんですが、あまりうまくいかなかったので打ち切りました。


出来たとんぼ玉の内、出来のよさそうなものをネックレスに仕立てて、本日出品しました。
とんぼ玉の背景は、クラゲが目立ちやすい月夜の海底です。


興味のある方はご覧下さい。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

アミメクラゲ2017年11月29日

新しいクラゲのカサの作り方は、初期の頃に思いつくような方法でした。

でも、ある程度のガラスの経験がないと上手にいかない方法だと思います。ガラスの温度差と堅さをうまく扱わないといけないからです。


で、そのカサの作り方で、網目状の模様を持つクラゲを試行してました。

試行の最初の頃は、写真左側のクラゲができてました。


クラゲのカサにおせんべいの「雪の宿」みたいな白い模様がついています。

目論見は成功ですが細かな触手がないので少し寂しく、代わりに口腕を8本にして、クラゲの持つ透明感やユラユラ感を出しました。


でもやっぱり触手はあったのも見てみたいなぁと思い、その時、また技法のアイデアが浮かびまして、カサの周囲に触手を付けてみました。そう、ミズクラゲみたいに。

それが写真右側のクラゲです。


触手がカサの外側から出ているのが残念ですが、それはしょうがない。カサの周囲に触手を付けられたことは素直に喜びました。


どちらも悪くない出来なので、これをもとにクラゲを作っていったのですが、どんどん出来が悪くなっていきまして....。だんだん出来なくなっていきました。

特に触手を付けたカサは、網目模様の作成と相性が良くなくて、失敗の繰り返しです。


うまくいかない理由を突き止めるにはかなり時間がかかりそうなので、今回は一応打ち止めにしました。

とりあえず、今回の作り方のメモをまとめることにします。


出来のよさそうなクラゲ玉は、その後、仕立てて出品予定です。

あ、アミメクラゲ(網目クラゲ)は私の想像上のクラゲです。想像上のクラゲなら、誰かの真似してるって言われないでしょう?



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

クラゲのカサ2017年11月25日

石油ファンヒータをダイニチに変更してから、なぜダイニチが石油ファンヒータのトップになったのかわかりました。

点火、消火、暖房中のそれぞれの石油のにおいが、他と比べてとても少ないです。


前のトヨトミのファンヒータは、たぶん最も臭いファンヒーターだったので、暖房中でも窓を少し開ける必要があったのですが、ダイニチのものはそれが必要ありません。

点火・消火時は若干臭いますが、トヨトミと比べれば5分の1以下の感覚です。

電気を少し食うのはしょうがないとして、早く買い替えればよかった。


さて、とんぼ玉の方は、クラゲの外カサの作り方を考えていました。網目状のテクスチャをもつクラゲを作りたいなと思ったのです。


そんなクラゲは多分いないので想像上のクラゲとなりますが、普通とは少し違うクラゲ玉になるかなと。

でも、どうやってカサにテクスチャを貼り付けるか悩んでまして、2~3日ほど過ぎてしまいました。


今、ようやく解決方法が見えてきましたので、それを使ってこれからクラゲ玉を作ろうと思っています。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村