ヒョウタンの仕立て2018年06月23日

kinari の Web サイトは一応毎日チェックしてますが、最近、本社工場の動画がアップされていることに気がつきました。

ガラスを製造して伸ばしたりする作業とか、なんか手作り感のある大きな工房みたいな感じで、なかなか興味深かったです。ランマガに出ていた方も多くのシーンで出てましたね。


さて、ガラスのヒョウタンですが、結局、仕立てはこんな形になりました。


いや~~~、この形になるまで、ほんと、たくさんやり直しました。


初めの頃から、葉っぱや花を付けたいなという思いはありました。またそれをガラスで作るとなると価格が高くなりすぎるし、強度的にも不安があるので、市販のパーツでまかなうということも早々に決めてました。


あとは適切なパーツを探しまくってそれを購入し、実際のパーツを手にしながら仕立ての方法を試行していきました。ヒョウタンの花は白いので、花パーツも白いのを選んでます。


市販の葉っぱのパーツは穴が小さく、最初は細い紐、あるいはワイヤーでの仕立てを試していましたが、どうにもしっくり来ません。特に花パーツは正面に見せたかったのですが、Tピン使ってうまくまとめようとしても、丸めたTピン自体をうまく固定できず、時間もかかるので諦めました。

葉っぱも垂れ下がってしまい、ムムム状態。


結局、いつもの太めのワックスコードを使ってまとめました。紐の良いところは、パーツ類を結んできっちり固定できることですね。それに見た目も優しい感じです。

もちろん、市販のパーツでは太いワックスコードが入らないので、パーツ自体を加工しています。


ワックスコードを使ってパーツをまとめる方法も、何回も試行を繰り返しました。花の向きが横になったり、葉っぱとの位置関係がおかしくなったりとか....。

上記の作品、3種類の結び方を組み合わせて仕立てています。


とりあえず、何とか様になったかな。近日中にショップにアップしたいと思ってます。

ヤフオクで真似されないように祈りながら。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

ヒョウタン2018年06月20日

点打ち水中花の試行を続けようとして、始まってしまいました、プロパンガス起因の白濁。

これが始まってしまうと、時間のかかる作品は作れなくなるので、いったん作業は中止です。

ガス屋にボンベ交換時期を聞くと、今週後半とのこと。もうしばらくは作業は無理そうです。


で、時間のかかる水中花トップはやめて、以前から作りたいなぁと思っていたヒョウタンの作品を作ることにしました。


とんぼ玉の中に苦労して埋め込んでも、たぶん売れないだろうから、今回はスカルプチャとして作ることに。

とんぼ玉より時間がかからないだろうから、うまくいけば白濁も発生しないかも。


それで作ってみました。


残念ながら、やっぱり白濁は発生して、表面がうっすら汚れています。

このままでは売るに出すのは厳しいので、酸化セリウムで表面を磨く処理をおこない、汚れを落とす作業を行っています。

この作業、時間もかかるし手間だし、何より本来しなくていい作業なので、やっててむなしいのです。


上の写真は、磨き終わった後の写真です。これなら大丈夫そうですね。

色は黄緑と、あと淡紫も作りました。とりあえず、これでお客様の様子見です。


さて、ヒョウタンですが、今回はガラスピンではなく、ループ部をつけるタイプとしました。

ガラスピンだと針金付け根部分の強度がどうしても下がり、長く使っていると金属疲労により針金が切れたり、またその部分のガラスにヒビが入りやすいのです。


それが嫌だったので、ガラスでループ部を作りました。そのせいで制作に時間がかかり、白濁しちゃいましたが。


これから仕立てですが、はてさてどう仕立てるか。考えなくちゃ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

いろいろ試行中2018年06月16日

ロッド置きに継いだばかりのガラスロッドを置いて、その後別作業のためにロッドに置いたガラス棒を移動させようとして、やってしまいました。

ほれ、ジュッとな、です。今、右手の指3本にやけどの跡があります。ヒリヒリ痛いのよねぇ。


同時に作業を並行して行うことが、とことん苦手となってきまして、これも歳のせいかなぁ。


バーナーの次のモチーフは、ペンダントの点打ち水中花。


初めは、実はバラを作ろうとしてたんですが、思いついた技法が全然だめで、こりゃ無理とまた寝かすことに。

で、バラのための別の考えた手法(これもバラには応用できなかったのですが)で、点打ち水中花を作ることにしました。


このペンダントに埋め込む点打ち水中花手は、普通に作るとどうしても花弁が立気味で、それはそれでいいのですが、もっと横に広がった百日草のような花にならないかなと試行してます。


写真左上が一番最初の試行、そして最後が右下のものです。

見た目はよく見るタイプの点打ち水中花ですが、技法的には全く別物なんです。


そのためいろんなことが手探りで、ガラスの量や、点打ち量、スキ掛け方法や、ペンダントにもっていく方法など、試行を繰り返しています。


ただ、不思議なことに、自分では改良を加えているつもりが、出来上がった花はどんどんよく見る汎用的なものになっていくのです。なぜだろうか。


また人気のない売れないペンダントになるのかなぁ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

ほれ、スパッとな2018年06月13日

半年以上前から左肩の調子がおかしいのですが、徐々に悪化して、最近は特定方向に腕を動かすとかなり痛みがひどいです。

ケーンを引く時にも影響が出始めまして、ケーンを引いているときに痛みが急にきて、そのままガラス棒を持てなくなるので困っています。


これ、治るのかな。しばらくシップを貼り続けているのですが、良くなる気配がありません。


とんぼ玉の方はミズタビラコ玉ですが、久々にひび割れを発生させてしまいました。

芯穴に沿うようにスパッとヒビが入ってます。


芯磨きの時の、その「ピシッ!」という小さな音。心臓に悪いです。

花の形を崩さないように、地玉を熱しすぎないように注意すれば、一方でひび割れが起こるというガラスの気難しさよ。


そんなこんなで、ミズタビラコ玉も終了です。

本日出品しました。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

ミズタビラコ2018年06月09日

そっか、杏沙子さんもついに来月メジャーデビューなのか。もう1人、密かに注目している香純さんは、ネット発信が得意でないみたいなので、ライブバリバリ頑張っているけど、いつか日の目を見るとよいな。


さて、とんぼ玉の方は、久々にミズタビラコを作ってました。


で、思ったのが、「こんなに難しかったっけ?」ということ。


とにかくスキがけで花が崩れてしまうのです。大きな点打ち花なので、崩れが目立ちやすいのです。これならまだ、ホタルの方が作りやすいです。

以前作った時も多分いっぱい失敗したんだと思いますが、その記憶を忘れてしまっていたようです。


明日も挑戦しなくては。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村