クリオネ2017年04月08日

まるで梅雨に入ったかのような雨雨の連続です。明日はちょっと持ち直すようですが、火曜辺りまではぐずつくようです。

湿気がうっとうしいですね。


バーナーの方は、再販依頼のあったクリオネ玉を作ってます。


クリオネ玉は、じっくり時間をかけて売れていく玉で、いつの間にか在庫が無くなってました。

今回は、背景はすべて月夜にする予定です。この海中を浮かんでる感がいいのよねぇ。


クリオネパーツは1体1体手作業で作るのですが、そのため同じ形のものができません。微妙にどこかが違っています。


ところでこの写真のクリオネ、通常と同じ作り方をしたんですが、内蔵近辺の透明白と、その外側の透明白が妙にクッキリと分かれてしまいました。


ちょっとしたガラスの量の違いか、途中の作業過程の違いなんでしょうが、原因がイマイチつかめていません。クリオネはほぼ作り方が固まっているのですが、手作業ゆえ、微妙な違いで出来も少し変わってくるのでしょう。


ガラスはやはり奥が深いです。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

カラージェリー出品しました2017年04月04日

今日は暖かいというより暑いぐらいでした。
昼と夜とで気温差が激しいので、体への負担が結構大きいです。


さて、カラージェリーのとんぼ玉、ヤフオクやショップに出品しました。
今回のヤフオク新規出品は以下の4つです。


この写真サイズと角度で見ると、よりクラゲらしく見えますね。

カラージェリーの2匹が平行に泳ぐバージョンは、泡が残りやすいので、このとんぼ玉ぐらいかな。


カラージェリー玉は、クラゲのパーツを2つ作ってから埋めるので、1日2つがやっと。

それを価格に反映したいのですが、そしたら絶対に売れないので、やや安めに値段を付けざるを得ませんでした。

でも今の所のアクセス反応を見ると、カラージェリー玉は厳しそう。今月は極貧になるかも。


ところでこちらでは、桜もちらほら咲き始めました。もう数日で満開の見ごろを迎えるでしょう。


そういえば川沿いの土手には、いつの間にか土筆が生えていました。
ホトケノザやタネツケバナ、ナズナはもういっぱい咲いています。


徳島では絶滅危惧種だったイヌナズナも、川縁にたくさん咲いているのには、地域の違いを感じました。


季節はゆっくりと、でも確実に移り変わっていきますね。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

白色カラージェリーフィッシュ2017年03月31日

昨日はとても暖かかったのに、今日は一転真冬の寒さ。でも今回の寒さが終われば春本番となるようです。

個人的にはちょっと寒い方が、虫もいなくてガラス作業も暑くなくてよいのですが。


さてカラージェリーフィッシュ(白色)のとんぼ玉はこんな感じになりました。


この玉が、今のところ一番の出来です。


丸くて可愛いカサはバッチグー!。ほぼ望んでいた見た目です。カサの色と触手の色を近づけたかったので、カサのガラスは混色で作りましたよ。


触手の方は、作るのが大変な上に扱いにくい泡バージョンはやめました。普通の太い半透明触手で表現してます。ただし触手には細かな縦スジを入れてます。


ちょっと迷っているのが触手の全体的な形です。スッと先に行くに従い細くなる形か、あるいは途中までは同じ太さで先だけちょろっと細くするか、はたまた一度幅を広げてそれから細くしていくか...。


実はそれらの形をコントロールするのが難しくて、結構作る毎にバラバラなんです。でもそろそろパーツも無くなってきたので、もう少し作ったら打ち止めにしようと思います。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

カラージェリーフィッシュは難しい2017年03月28日

昨日今日と天気が安定しません。昨日は雹が降りました。ビックリしたなぁもぅ。


バーナーの方はクラゲ玉に挑戦してました。

まだ他の人がほとんど作っていないと思われるカラージェリーフィッシュです。人の真似と言われたら困るので、人が作っていないクラゲに人とは異なる技法で挑戦です。


カラージェリーフィッシュは至極シンプルなクラゲですが、これが意外と難しいのです。実は前々から挑戦したかったんですが、丸くて可愛いカサの作り方がどうしても開発できなくて.....。


クラゲのカサの作り方は、それこそいろいろ試しましたが、なかなか決め手がありませんでした。

今回も、悩んで悩んで、そして意外なことが閃いて、試してみたらいけそうです。


いけそうだと思ったら、今度はカサの内側に内蔵を作り込めないことが判明。振り出しにもっどってまた別の方法を模索して......


結局4日間試行して、ようやくこんな感じで何とかいけそうだという所まで辿り着きました。


ちょっとカサが薄いですが、なかなかクラゲらしいです。


でもね、カラージェリーフィッシュのあの短いふわふわした触手は再現できないのです。泡でどうにかならないかなと上の写真でも試してみたのですが、泡の濃度が足りなくて...。でもこれ以上は泡は増やせない(泡ガラスがもろくなってすぐに割れてしまう)

触手のふわふわはあきらめて、普通の半透明触手でいくかな、


結局、上の写真以上のものはまだ出来ていません。

試行して大分経ちますが、完成まではまだまだのようです。って完成できるのかなぁ。触手はあきらめかな。


しかし、今回の収穫は、丸っこいクラゲのカサの作り方が、何とか生み出せたこと。5年かかりましたよ。本当に。

技法って、時間をかかれば開発できるわけじゃなくて、ほんと、閃きなんだろうね。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

北斗七星2017年03月24日

とんぼ玉の写真撮影用に使っていた電気スタンドが壊れてしまいました。撮影時は煩雑にアームを曲げていたので、アームが割れてしまいました。


しょうがないので家電量販店に買いに行ったのですが、電気スタンドなら2000円ぐらいで買えるかなと思ったら、以外に高いです。2000~3000円で買えるのは、小さな電気スタンドしかありません。


結局5000円ぐらいのLEDアームライトを買いました。家に帰って説明書を読むと、なんとLED部は交換不可と書いてあります。つかなくなったらどうするんだろう。まあ、その時考えます。


新しい照明となったので、カメラのホワイトバランスを設定し直しました。これやっとかないと、微妙に色が変わるのよねぇ。


さてバーナーはキュービックジルコニア(CZ)玉です。CZをガラスの中に閉じ込めた作品として、北斗七星を作ってみました。


北斗七星は今から夏にかけてが見やすい季節ですね。季節的にもピッタリです。こんな感じのとんぼ玉になりました。


CZをガラスの中に閉じ込め、さらにキルンで徐冷したので無事割れずに出来ました。7つも埋め込んだので、割れるかもしれないなぁと思ってたのですが、なかなかソフトガラスは包容力があります。


作業中はCZをピンセットで掴むのですが、CZが小さい上に掴みにくい形なので、まあどこかへ飛んで行ってしまうことたびたびです。飛んでいったCZは落ちたところの布や木を焦がすのです。


そうそう、CZが小さいので思った位置に埋め込むにも神経を使い、そしてピンセットが地玉に触れるとピンセットも引っ付いちゃうので結構大変でした。


とりあえずCZをほとんど使い切ったので、CZ玉はひとまず終了です。すでにショップに上げてますよ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村