汚れの原因2017年02月09日

撮ったとんぼ玉の写真を間違って削除してしまいました。今回は写真なしです。とほほ。


前回書いた、とんぼ玉作成中の黒い汚れ、原因が何となくわかったような気がします。

カーボン板をきれいに磨いても発生したので、原因は別にある可能性が。そして今日も発生しました。


今日発生した汚れはカーボン板に発生し、とても大きかったので、その汚れをよく見ると何か線状の形跡があり、しかも燃え残りと思われる部分がわずかにありました。それをみると、何やら毛っぽいです。


私はとんぼ玉制作は、老眼対策のためルーペを額に掛けて作業します。作業中は頻繁にループの上げ下げをするので、その際に前髪や眉毛などの髪の毛がカーボン板の上に落ちると、そのカーボン板にとんぼ玉を置いたときに髪の毛が燃えて、汚れとなるみたいです。

髪の毛がとんぼ玉の上に落ちれば、とんぼ玉に汚れが発生するわけです。


うーーん、これは対策のしようがないなぁ。制作前には髪の毛を揺すって、あらかじめ落とせるものは落としておくとか。


最近、抜け毛も多いのよねぇ。年齢的なものだからしょうがないか....。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

カーボン板2017年02月03日

とんぼ玉を作成中、とんぼ玉表面やカーボン板に、なにか急に黒い汚れがこびりつくことがたびたび起こっています。


原因はつかめていませんが、黒い汚れは熱すると消えるので、何かの埃か焦げなのかなと疑っています。

換気扇や予熱台、戸棚の埃などをきれいにしたんですが、やっぱり発生するのよねぇ。


そしてついこの前、カーボン板に熱いとんぼ玉をのせたとき、大きな黒い汚れがカーボン板に発生しました。

もしかしたら、カーボン板の表面が荒れて、その一部が少し剥がれたのかなと思い、カーボン板を綺麗にすることにしました。


ちょうど1500番の紙やすりがあったので、それでカーボン板の表面をこすって磨きました。


なんか、買ってきたばかりの新品に近くなりました。これでしばらく様子見です。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

川沿いの桜のとんぼ玉2017年01月31日

トランプさん、突っ走ってますね。でも行き過ぎた振り子は戻ろうとするものです。急いては事をし損じるです。


とんぼ玉の方は桜玉を作っていました。


桜のとんぼ玉は2~3種作ろうと思っているのですが、まずは川沿いの桜から。写真がきれいに撮れなかったのですが、こんな感じです。

今回は川にサワガニを入れました。サワガニさんが花見してるようにも見えますね。

現在、鋭意制作中です。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

桜に取りかかる2017年01月28日

1月ももうすぐ終わり。来月は確定申告が始まる月....。ああ、ああ。


2月に入れば桜のとんぼ玉を出さないと季節遅れになってしまうので、昨日から桜パーツの作成に取りかかっています。


花のパーツの組み立て、あまり得意ではないので、最初はいつも失敗します。

今回の桜も1回目は失敗。ちょっと花びらの厚みに難がありました。端が滲んでしまって.....。


そして2回目がこちら。


明日、これをタネにして作成予定です。

昨年までの桜は、花びらの形がやや細かったので、今回はちょい丸めにしてみましたが、果たして上手く開いてくれるでしょうか?


わたし、花パーツは組んで作るのですが、タネを暖めて引く時に花びらの形が崩れることが多いので、心ばかりの対策として花びらパーツの上部のスキの厚みを増しています。スキが厚ければ空気抜きの時に変形が小さいかなぁと。


そういえば、桜をミルフィオリでなく、1つ1つ組み立てる方法を模索したら、桜が多肉植物になってしまいました。

平開する花では、その方法は向いてないようです。やるんなら点打ちで作成でしょうね。


今回の桜のパーツ、あまり数がとれそうにないので、また作るかも。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

オガタマノキのとんぼ玉2017年01月24日

昨日今日となかなか寒いです。石油ファンヒーターの灯油があっという間になくなります。


バーナー作業の方は、オガタマノキのとんぼ玉を作っていました。


オガタマノキって何?とおっしゃる方も多いでしょう。
オガタマノキはモクレン科の木で「招霊木」とも呼ばれています。その枝葉を神前に供えて、神様をお招きする際に使用されたそうです。そのため神社などに植えられることもあったとか。


オガタマノキの花は3~4月ごろに咲き、白色で基部が紅紫色に染まります。


その花をとんぼ玉に咲かせてみようと、いろいろ試行してました。
花は斜めからみた形にしたかったので、ミルフィオリではなく、1つ1つ手作業で花パーツを作っています。


試行を重ねて、ようやくこのようなデザインのとんぼ玉となりました。


花を見てわかるように、この花パーツを作るのにとても時間がかかります。このとんぼ玉1つ作るのに、通常の2倍近くの時間が必要です。


そして意外と面倒なのが葉っぱのパーツ。葉の形を整えるのに時間がかかるのです(両端をとがらす必要があるので)。


最終的には、なかなか渋くてきれいなとんぼ玉になったと思います。斜めから見た花の構図が生きてますね。

背景は透明黒です。少し裏が透けて見えるので、ガラスらしい透明感も持ち合わせていますよ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村