あの夏の記憶2017年07月26日

家のプリンタがついに壊れました。黒インクのプリンタヘッドがおかしくなって、文字がまともに印刷されなくなりました。


買ってから14年の間、そうえいば内部エラー発生への対策で、プリンタ内部のカウンターを怪しいプログラムを使ってクリアするという荒業も使い、だましだまし使ってきましたが、いよいよ寿命です。


しょうがないので、昨日、家電量販店でプリンタを買ってきました。今まではエプソンでしたが今度はキャノン製です。印刷代が安く済むやつを選びましたよ。価格は1万4千円ほど。使用前にパソコンへのプリンタ登録作業をしなくちゃいけません。


さてバーナーの方は、入道雲のとんぼ玉。 結局こんな感じとなりました。


光源の位置関係でずいぶんきれいに写っています。背景の青空がちょうど陰になり、色が濃くなってるんです。

でも言い換えれば、光の当て方によっては、こんな表情も見せてくれるというとんぼ玉なんです。


まあ、入道雲の感じは出たかな。ずいぶん試作を繰り返したけど、かなり絵心が必要なとんぼ玉で、私は苦労しました。

赤い丸は風船です。紐もつけています。


このとんぼ玉の題名ですが、いつも通り叙事的につけるとすると「入道雲と風船」ですかね。

ただこのとんぼ玉は、かなり心象風景に近いものがあるので、叙情的につければ「あの夏の記憶」となります。

もし前景に、帽子をかぶった女の子の後姿を入れられれば、叙情作品として完璧ですが、それはさすがに技術的に無理です(笑)。


でも、最低ラインの入道雲はできたと思います。

できれば明日、間に合わなければ明後日、ショップに出品予定です。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

そして試作を超えられないのです2017年07月22日

工房のあるマンションには、ツバメの巣がたくさんあるで、通るたびに親ツバメに威嚇されます。

1階に飲食店があり、人が出入りしたあとで1人で歩くと、1m以内まで急接近して飛んでくるのでビックリします。このツバメ君はかなり攻撃的です。


この前、巣から落ちた雛を巣に戻してあげたのに恩を仇で返すとはと、やってきた親ツバメを棒で振り払おうとしますが、届きませんし何の効力もなしです。


雛の様子からもうすぐ巣立ちですが、来年は他の場所で営巣することを願います。

巣のうちの1つは、ある住人の玄関のすぐ横にあるのですが、その住人が無関心で狭い階段は糞が山盛りです。とほほ。


とんぼ玉のほうは、雲のモチーフと言うことで、入道雲のとんぼ玉を作ってます。

試作の第1号がこれです。


これがなかなかよくて、これならいけるんじゃないかと挑戦し続けているのですが、試作を超えられません。

何が悪いのか、どうすればいいのかよくわからなくて、だんだん気持ちも沈んでいくのです。


後ろの入道雲の左側の稜線やその内側の雲の表情が非常によくて、これを再現したいなと思うのですが、なかなかうまくいかないのです。


この試作では入道雲が2つありますが、手前の雲はもっと小さくする予定です。せっかく苦労して作った後ろの入道雲を隠しちゃうからです。


ちなみにこの試作、1つ作るのに2時間を超えています。これでは時間がかかりすぎです。夏にはきつい。

もう少し作ったら、とにかく一度終了します。


あ、背景の青空も、どう表現するか苦労してますよ。とんぼ玉の中に青空を閉じ込めるのって、工夫が必要なんです。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

夜バージョン2017年07月12日

「木蘭の涙」をとんぼ玉でデザインしたらどうなるだろうか。


花はハクモクレンの真っ白なもので、1枚の花びらだけ手前に倒し、その花びらの上に1粒のしずくかな。
背景は難しい。濃い緑でいくか、萌葱色で行くか...。


そんなことを思ったのは、さやちゃんのこのカバーを聞いたから。

さやちゃんのカバーではスピッツの「楓」がすごくよくて、それを超えるのがなかなかなかったんですが、ようやく「木蘭の涙」で楓越えが出来ました。


アルバムはお金無いから買えないなぁ。シングルでmp3を買うかな。


この前まで作っていたクマノミ玉は、すでに出品済みです。実は夜バージョンのクマノミ玉も作ってみたのですが...。


ちょっと地味というか、昼バージョンと比べると落ち着き過ぎな感じがして、夜バージョンは結局2つしか作りませんでした。

でも改めて見ると、ジワジワ幽玄な雰囲気がいいかもという気もしてきました。


ところで、今回からヤフオクの出品方法を変えています。

オークション形式ではなく、即決価格で出品しています。つまり入札すればすぐに手に入るわけです。

私のとんぼ玉は、あまり入札があるわけではないので、オークション形式にしても価格はつり上がることはほとんどありません。それなら他のショップと同じように、購入したらすぐ手に入るようにしようと思ったわけです。ただ出品価格は他のショップと同等な価格としました。


まあ、ヤフオクは価格重視のお客様が多いので、今以上に入札が少なくなる気がしますが、ヤフオクをやめて他での出品も視野に、しばらく様子見します。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

料金が変わるとです2017年05月30日

暑くなってきましたが、真夏の暑さと違うのは、まだ湿気が低いこと。真夏のあのべっとりまとわりつくような空気に比べれば、ずいぶんマシですね。


ところで来月から郵便料金が変わります。

特に影響が大きいのが、定形外郵便の料金変更です。新たな規格が設定されて、その規格に収まらないものは料金が大幅に上がります。


その規格ですが、私にとって影響が大きいのは厚さが3cm以内というもの。

とんぼ玉をプチプチで包み、クッション封筒に入れると、厚さが3cmを超える場合が多いのです


3cmを超えると120円の料金だったのが一気に200円になります。実に7割近い料金アップです。


これは是が非でも3cm以内に収めなければなりません。そこでちょっと前からプチプチでの包み方を、少し変えています。これで厚さが3cm前後まで縮小されましたが、依然きわどいことにかわりがありません。


そこでこんな物を作りました。


幅3cmの長方形の穴です。この穴を通れば厚みクリアです。

最初、ぺらぺらの紙で作ったんですが、簡単に曲がったり歪んだりするので、ぜんぜんあてにならないことが判明。そこで段ボール箱の厚紙で作り直しました。


精度が悪くて幅は2.8cm~3cmと微妙に変わってます。まあ、小さい分にはいいかな。


これからはこの穴を通るように梱包します。通らなかったら,,,,,どうしよう。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

氷花・雪柳、出品しました2017年05月26日

カールが東日本で販売中止になるようです。うまい棒はおいしいけど、もっとヘルシーなものはないかなと、カールを買ってます(ノンフライなので)。でもノンフライとか言いつつカロリーは高いです。

カールって、もう少し、こう、味付けで旨いものができないのかなぁと前から思ってます。それさえ見つかればまた売れると思うんですけど、でも、それが難しいんだろうなぁ。


さて、バーナー方は氷花のとんぼ玉、出品しました。


何度かフロストし直したとんぼ玉は、つや消しが濃くなっていい感じになりました。

ただ中の花も見えづらくなってしまいました。それはそれでやさしくていいかもという考えと、真ん中だけ磨きなおして中が見えるようにした方が良いという考えが交錯しまして、結局決められず、両タイプを出しています。


この氷花のとんぼ玉は、背景に来る服の色などで見え方が大きく変わるとんぼ玉です。

背景が明るいと優しく、暗いと花が強調されて見えます。


なんだかんだで苦労したフロスト玉は、フロスト液を容器からこぼしてしまい、涙・涙となりつつ、ようやく終了しました。


もう5月も終わるのね。とほほ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村