ホウネンネビ試行中2016年11月04日

右足首のねんざは、少しずつ良くはなっていますが、患部はまだ腫れています。

くるぶし回りが青紫色になっていて、内出血がようやくしみ出している感じでしょうか。完治はまだまだ先です。


とんぼ玉の方はテンロクケボリガイを出品しました。でも人気薄。前回のブルーホール玉もそうですが、このような個性が際立たないデザインとなると私の玉は人気がでませんね。


さて次のモチーフですが、当初の予定は、家から近い場所に生息するというカブトガニでした。でも、とんぼ玉にいれてもあまり栄えなさそうなのと、作成が難しそうだったのでキャンセルしました。


その後、カブトガニ->カブトエビ->ホウネンエビという流れで、次のモチーフはホウネンエビに決まりました。


徳島に住んでいた頃、田んぼでホウネンエビはよく見かけてました。あの緑っぽい胸部がワラワラ動いてとても詩的なのよねぇ。


ありあわせの材料で作ってみたのがこんな感じです。


偶然にしては感じが良く出ており、悪くないです。ただ、胴体に残る泡がどうしても許せなくて、リアリティは下がりますが、ちょっと作り方を変えるつもり。


問題は、細すぎる腹部と尾。細いケーンを使うので、あっという間に炎で曲がってしまいます。特に尾の整形は難しいです。


それと玉の背景をどのようなデザインのするか悩んでいます。田んぼの中って泥っぽいので、それを再現しても冴えなさそうで。でも実環境を再現するならそれでもいいかな。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

なぜに割れる?2016年11月08日

足首の腫れが未だに引かないあおぞらです。


バーナーの方のホウネンエビ、その後、いろいろ問題があり、これまた未だに完成していません。


一応、田んぼの底のモヤッと泥感は、だいたい出来ました。今回は泥の色は明るめです。暗くするとホウネンエビが目立たなくなる可能性があるので。


背景が泥だけだとあまりに寂しいので、枯れ草を入れたんですが、なにやら得体の知れないチューブ生物になってしまい、これまた作り直し。その後、双葉をいれ、藻を入れることにしました。


でもまだ寂しい。背景が泥なので、背景で魅せることが出来ないんですね。そこでタニシを入れようとしたことが困難の始まりでした。


タニシに使える色が既製品ガラスでなく、混色で作ることに。でもいい色が出来なくて、結局1日潰れました。

その後、タニシを立体的に作ったんですが幅5ミリでは大きすぎて目立ちすぎます。で、幅3ミリで作り直してとんぼ玉に埋め込むと....、形が崩れてしまいます。埋め込み方法を模索して、これも1日潰れて....。


そしてようやくホウネンエビのとんぼ玉を作り始めたのですが、今度はなぜか割れたりヒビが入るのです。原因が今のところつかめていません。


作成最後にじっくり5分ほどあぶり戻ししていたら、あぶり戻し中にピシッと割れたり、徐冷材から出したらヒビが入っていたりと様々ですが、8割方割れています。


ガラスのせいなのか、作り方のせいなのか、はたまた何か別の所に問題があるのか、怪しいところばかりですが、これはもう自分でなんとかするしかありません。
作成中にヒビが入ったりするケースもあるので、おそらくはキルン徐冷でも割れるときは割れそうです。

無事、原因がわかればよいのですが。


ホウネンエビのとんぼ玉ですが、デザイン的にはこの割れちゃったとんぼ玉と同じものでいく予定です。泥が背景なのでパット見た目、地味に見えますが、かなり凝ってます。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

割れの原因2016年11月11日

足首の腫れはまだまだ続いているあおぞらです。


割れやヒビが続いていたホウネンエビ玉ですが、その原因がほぼわかりました。

制作中の熱の入れ方(保温の状態)の問題のようです。


私のとんぼ玉はペンダントトップ型の変形玉ですので、歪みは樽型に比べて大きくなりやすいです。
今までは玉の上下、玉の裏表に気をつけて予熱をしていたのですが、それだけでは不十分で玉の左右にも気をつける必要があったようです。


今までそれに気がつかなかったのは、埋め込むパーツの厚みが大きい場合、スキがけ後の整形に時間がかかり、それがかえって玉全体を均一に温める役割を果たしていたためと考えられます。


ホウネンエビのパーツは比較的薄いので、今回の現象が発生したようです。まあ今回の割れは、私独自の制作手順に由来するものなので、他の方々には関係ないのですが。


でも大きな玉、変形玉を作る場合は、全体を均一に保温するように注意することは無駄ではないと思います。

厚いところは冷めにくく(逆に言えば温めにくく)、端や薄いところは冷めやすいので、全体を均一に保温するには、各場所を同じように温めているだけではだめなこともあると言うことです。ああ、ややこしい。


ようやくホウネンエビのとんぼ玉が出来ました。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

タニシ3兄弟2016年11月15日

足首の腫れが未だに引かないあおぞらです。


ホウネンエビのとんぼ玉を作っている時に、ずいぶん時間を取られたタニシの表現。

とんぼ玉に埋め込んでみると、斜め45度に傾けた殻が妙に可愛くてジワジワきます。


そこでタニシだけを埋め込んだ玉を別に作ってみました。立体物を間近に3つ並べるのはかなり面倒だけど、2つじゃ寂しいので頑張ってみました。


題してタニシ3兄弟です。

カニのパーツを埋め込む手もあるんですが、タニシとの大きさのバランスが取れず、タニシだけの地味な玉の方がかえって良いのじゃないかとこの形になりました。


なんか今にも動き出しそうでかわいい。

にしてもタニシのとんぼ玉なんて、ニッチすぎますねぇ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

石油ファンヒータからの白煙2016年11月18日

足首の腫れは徐々に引いているみたいです。それでも治るまであと2週間はかかるかなぁ。


今日は修繕の日となりました。

問題があったのは石油ファンヒーター。点火時に白煙を吐くようになりまして、これが臭いのなんのって。

この白煙が物に付くと、それもまた灯油のにおいをまき散らすというタブル効果です。においが消えるまで2日ぐらいかかるのよねぇ。


この現象は一昨年ぐらいから時々発生していて、原因は石油ファンヒーターを頻繁に移動するからだと思ってたのですが、今年もやっぱり発生です。


もしかして原因はもっと他にあるのではと思い、ネットで調べてみると、ファンヒータの燃焼部を清掃することで改善した例があるようです。私もダメモトで試してみることにしました。(当然ですが取扱書には分解はしないでくださいと書かれてますので真似しないでね)


家の石油ファンヒータは2003年製のTOYOTOMI LC-K923です。

「もう13年目なのか....。」

なんか消耗部品の劣化による可能性の方が高いかもしれないけど、やはり試してみるだけ試してみようか。ダメなら買い換えとしよう。


カバーを開けると基盤とコネクタなどがわんさとお出迎え。


無事、燃焼部までたどり着けるか不安でしたが、格闘すること1時間半....。コネクタ類もはずしてようやく燃焼部まで分解完了です。燃焼部を覆うカバーがなかなか取り外せなくて苦労しました。


この後、点火棒等をヤスリで磨いて清掃(あまり汚れてはいなかった)。内部の埃も掃除機で吸い、元通り組み立て(これにも結構苦労)てから、点火のテスト。

無事点火できました。ただ白煙を吐くのは毎回ではなく10回に1回ぐらいだったので、今後もしばらく様子見です。


そうそう、火炎検出器ってのを燃焼部に固定するところで、耐熱綿をネジに噛ませているところがあったのですが、今回の分解清掃の際、その綿がぼろぼろに崩れていきました。どうも分解時は毎回交換する部品っぽいです。

代わりになるものはないかと探したら、キルンの中に引いているブランケットが目に留まり、それを少々引きちぎってもってきました。うーーん、普通の家じゃ耐火綿は無いわなぁ。キルンがあって良かった。


さて、石油ファンヒーターの分解清掃の後は、安物の靴のマジックベルトがほどけてきたので、裁縫作業です。ヌイヌイ。


ということで、バーナーの方はあまり進んでいません。ホウネンエビやタニシの玉も全然売れません。やはりデザインに難アリなのでしょうね。モチーフは自分の技量にあったものをきちんと選ばないと。


といいつつ、次のモチーフもマイナーな苔の予定です。正直、今月はもう調査試行の月になりそうです。とほほ。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村