販売価格2016年09月25日

徳島ガラスセミナーを終わってから、いろいろあってまだバーナーに点火できない日が続いています。


セミナーの整理のあとは、とんぼ玉の販売出品の作業をしていました。

今回の出品はこんな感じです。


とんぼ玉の販売価格なのですが、今までは売れないのが怖くてなかなか上げられませんでした。

ただ今の価格では近い将来、とんぼ玉制作自体が継続できなくなる(あきらめることになる)ので、少しでも上げていこうかと考えています。徳島ガラススタジオのスタッフさんにも、安すぎるのではといわれました。


普通の水中花玉は競争も激しくなかなか値を上げられないので、独自モチーフに関しては労力相応の価格を今後つけてみたいと考えています。

ただその独自モチーフは、選定の難しさとデザインのセンス、製作期間の長さ、成功率の低さで、次々とは出せないのが苦しいところですが。


作家さんなら、誰でもどう収入を稼ぐか悩んでいると思うのですが、ご多分に漏れず私もです。本当に生きていくのはしんどい事ですね。



↓クリック応援よろしくお願いします。m(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

コメント

_ にゃ ― 2016年10月10日 00:46:05

こんばんは
労力相応の価格のというより人気モチーフや、出来の良いもの・見栄えの良いものを値上げしたほうがいいと思います。
彩元堂さんのとんぼ玉が好きで、金額としては高いですがそれ以上に価値があるからその値段でも欲しいと思います。
値段に見合った作品であれば高くても買う人はいますよ。

_ あおぞら ― 2016年10月10日 21:11:33

にゃ さん、コメントありがとうございます。

一応新作を作っている時は、人気が出るだろうといつも思って作るのです。が、いかんせん現実は甘くはないです。
いくらの価格をつけるかは売り側で、それは自由に決めて良いのですが、それを買うかどうかを決めるのはお客さんなので、その価値がなければ購入されないだけなのです。
労力相応の価格と言っても、実際にその価格を付けたら相当高額になってしまいますので、やはりかなり減額する必要はあります。
なんだかんだ言っても売れる物を作るのが一番難しいですし、まだ無名の作家さんたちは、ほとんどの方がそれを探しているのだと思います。

数少ない売れ筋商品に関しては、少しずつ価格を上げていけたらなと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは何でしょうか?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://glass-bluesky.asablo.jp/blog/2016/09/25/8201368/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。